内科の求人の傾向について考察する

主に軽い怪我などをしたときに最初に診察してもらうところが内科です。内科の求人数は全国的にも多いと私は思っています。その理由としては、とにかく内臓系が中心なため、ほとんどの領域の病気全般をカバーしているので需要も多いと考えるのが普通だからです。扱う範囲が広いため、業績よりも実務経験が豊富な医師たちが必要とされているみたいですね。インフルエンザのシーズンは特に忙しいようで、全国的に彼らが注目される時期だそうです。

内科にかかる患者ももちろん多く、その分治療用の薬も多く出回ることとなるでしょう。製薬会社にとっても内科医の存在はとても大きいのです。薬の商売や売り上げよりも、自分たちで苦労して開発した製品を一人でも多くの苦しむ患者を救いたいという願いを叶えるために日々病院と連携しているようです。医療の向上は、内科医以外の方たちの支えの証しでもあるのです。これによって、内科の求人の一助にきっとなることでしょう。

内科の求人は他の場面にもあるようです。最近注目を集めている精神内科や心療内科がその例です。うつ病などの心の病に苦しんでいる患者さんたちの良きアドバイザー的存在になっていくことでしょう。気軽に訪問できる環境づくりが求められますね。安心と自信と実績を兼ね備えたすばらしき内科医たちが今後出てくることを心待ちにしたいと思います。そういえばメタボリックなどの生活習慣病も内科の分野でしたね。健康診断の結果が気になるところです。

激務に疲弊した内科医は求人情報を活用せよ

医師は大変である。人命をあずかる職業であるからだ。いつでも真剣勝負だ。一般のサラリーマンからも、オレは何時だって真剣勝負しているぞ、との声も聞こえてきそうではあるが、要求されるレベルが違う。祖父も開業医であり、父親もそれを継いでいく家庭では、大学病院等で何年か修行をして、父の経営している医院を継ぐというのでも無い限り、まだ若いうちは大きな病院で勤務する医師も多いことだろうと思う。

その中で最も需要が高いのが内科であろう。場所にもよると思うが、東京であれば内科が存在しない所は珍しいだろう。内科には、幼児からお年寄りまでが世話になる。ちょっと、風邪気味なのでとか、頭が痛い・お腹が痛いと言った一般的な症状を持つ患者は内科の扉を叩くだろう。大学病院等の大きな病院にも、もちろん内科はある。ここにも、多くの患者が押し寄せるので当然忙しくなる。また、大きな病院は、夜間当直がある。

交代で夜間当直に当たることになるのだが、患者数に対して医師の数が足りないためハードワークになりがちだ。医師の仕事は、これだけではない。一般の企業のようにマネージメント業務もあるし、在宅診療を行っている所もある。したがって、内科には多くの医師が必要となるため求人が行われる。人材紹介会社が、内科医の求人を行っているというのは驚きがあった。私は、医師ではないがハードワークで心身を壊した為に、彼らの辛さは身にしみてわかるのだ。余りにキツイ職場であれば、多少は給与は下がっても、精子的肉体的に楽な内科医の職を選択にするのも、一つの考え方ではある。求人があるのは、不況である昨今羨ましくもある。頑張って欲しい。