内科の求人は急がれる

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

日本のどこの都道府県、市町村に行っても医師不足は深刻で、どこでも悩みの種となっているのが現状である。特に総合病院の医師不足は深刻である。特に過疎化の進む田舎での医師不足は深刻の極みである。その中でも深刻なのは、内科で求人はどこの自治体も出して医師を求めている状況である。内科の医師不足は、何故に起きるのか、それは、老化に伴う内蔵の疾患、衰えからの病気が多く、お年寄りの患者の病気の感染率の高さがこの内科の求人を増やす原因と私は思う。 お年寄りにかかわらず、私たち若年層でも昔に比べると病気をしやすくなっている気がする。昔は、「病は気から」と言われ、少々の風邪では病院にも行かず家で安静にしていたのが、今では病院で点滴を打つ始末...やはりすぐに病院に行くといった感覚がどうしてある。病院依存症とも言えるかもしれない。特に今例を出した「風邪」の症状は、外に見える外傷とは違い、何が原因で感染しているのか、何でこんなに体がだるいのか、自分で判断するのが難しいので、医師の確認を仰ぎたくなるのも原因の1つである。 このように、内科は求人が多く必要で、生活の中で必要不可欠な病院だと私は思います。内科の医師不足の解消こそが、日本医師不足の柱の対策となり、今後の医療の現場が働きやすい環境になり得る要素だと私は思います。内科の求人を増やし、内科医が増えれば自ずと病気の感染が減って行き、病気になる前の予防対策を行え、健康的な国民が増えると私は思います。そういった点でも、病院の増加、特に内科の医療機関の増加、内科の求人の増加は急を要す課題であると思います。